人気ブログランキング |

選択

どうして炊飯器が2万円程度のモノから10万円程度するモノまであるのでしょう?
8万円の差は何を得ることであるのか? 逆に2万円で選択した場合何を失うのか?
正確にご存知ですか?
そのコトを正確に理解しないで、果たして自分にとって正しい選択をしたと言えますか?








あと、「10万円の方がいいに決まっている」ってコトを言われる方に出くわしますが・・・。
その言葉もすごくギモンを覚えてしまうのは、自分だけでしょうか?

2万円の選択は妥協の産物で、過ちだと言わんばかりの言葉、、、とは言いすぎですか?(笑)

存在する物には全て意味があり、意味があるから存在しています。
だから2万円が総合的に粗悪でナンセンスな物であるわけが無く、、、
また、10万円だから総合的に全てのニーズに応えた完璧な物である言い切れない。








もし意味が解らない方がおられたら、多分、ニーズとウォンツの違いがお解かりじゃないのかもしれません。

ニーズは費用対効果

例えば車に1000万円以上かけられる方もおられれば、100万円以下で購入される方もおられ、、、考え方や色々な要因から、その方の価値感により決定された費用対効果の選択がニーズです。

ウォンツは単に欲しいモノで、「数億円するようなプール付きの豪邸が欲しい!!」はウォンツで、実際にそこに住んでおられる方がニーズです。








2万円で炊飯器を買われた方はお米を炊きご飯をいただく、その仕上がり具合などを含めた効果に対して2万円という費用が最もバランスしていたという選択です。
つまりニーズです。

「そら、10万円の炊飯器の方がおいしくお米が焚けるんでしょ! お金があったら欲しいわ!!」って思われるのかも知れませんが、総合的に色んなことを考えたら、費用対効果として、その方の価値観ではバランスしなかったってことなんです。
つまりウォンツではあったが、ニーズではなかった。。。








このコトをベースとして話をしないと、何のことかさっぱり解らない話になってしまうので、本題からは話が少しそれてしまいましたが、付属しておきました(笑)。

今回問題にしたいのは、本当に費用対効果をできるだけくわしく理解して、また、自分達の価値観を自分達で理解して、本来の選択がどれほどなされているのか?ってことです。

結構難しく、結構大変なんですが、、、








お金の使い方って色んな意味ですごく重要です。
例えば食品を買う場合は当然食べるので、いずれ近いうちに自分の血となり肉となります。
すごく重要な選択です。
環境に配慮した商品をみんなが選択してたくさん買えば、地球に優しくない商品は売れず、その結果自分達の子供たちや孫たちが元気に過ごせる地球となるかもしれません。
フェアトレード商品を選択すると、発展途上国が自ら発展していく機会に繋がるかもしれません。
他にも色々な選択肢があります。
お金の使い方はその人自身、人となりを表現しています。








それ以前に思うことは、『選択』をされているのか?ってこと。
少し疑問に思いました。

  by ecru-societe | 2008-03-20 00:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://ecruarc.exblog.jp/tb/8200054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 春分の日 エクコミュ*making HP... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE