人気ブログランキング |

2007年 01月 25日 ( 2 )

 

タコ?!

今日はきつかった。

食べたのはタコメシとたこ焼きのタコ尽くし。
美味しかったんですが。。。
食べて約2時間後のことでした。


腹痛と吐き気、そして寒気が、、、


我慢して仕事をしようと思いましたが、冷や汗が出て何も考えることができない。

仕方なく家に帰りました。


家に帰ってからはしばらくトイレから離れることができず、、、布団をミルフィーユのように積んだくって温かくして寝るんですが、寒気が止まらず。
辛さに疲れて知らぬ間に寝ていました。
19時頃には復活していましたけど。。。

タコにあたったのかな?!
食あたりは久しぶりでした。

b0097729_23144277.jpg

  by ecru-societe | 2007-01-25 23:05 | | Trackback | Comments(0)

『正しい』ことが全く解っていない人は少ない。
何が正しいのかが理解できている人の方が多い。

誰も見ていないところで、『正しい』ことを毎日キッチリとできる人は少ない。
溝に敷かれたグレーチングの下には、タバコの吸殻が多い。


前の日、遅くまで仕事をしていた次の日の朝は、ちゃんと出社するのは辛い。
でも、遅れず会社に行くことは当たり前だから、ちゃんと会社へ行く。
サラリーマンの皆さんは本当にえらいと思う。

でも、上司もいない。
規定も無い。
誰も責めない。
そんな状況でも、毎日遅刻せずに会社にいけるだろうか?!
つまり、自分が自分だけで決めた時間を毎日キッチリと守れるだろうか?!

多分、会社に決まりがある理由は、決められないと(抑止力)守れない一部の人の為にあるのではなく、決められないと守れない大半の人の為にあるのだと、、、残念だけどそう思う。


だとしたら、遅刻をした人に対してどういった態度を会社として示すべきだろう。
『解るよ! 朝は辛いよね。 でも明日からは早く会社に来ようね』
これは会社として正しい態度の取り方であろうか?

『解るよ!』
この言葉はきっと『朝は辛い』という部分にかかっている言葉だろう。
決して『朝は辛いから遅刻になってしまうのは致し方ない』という部分にかかっているワケではないかもしれない。
しかし、限りなくそんな臭いのする言葉だ。

自分はこの態度の取り方は会社の文化を悪い方向に持っていってしまう可能性をかなり秘めていると感じてしまう。

『自分で自分を律しなさい』
これが正解だと思う。

会社の文化を考えるなら、これが正解だと思う。


正直な話をすれば朝辛いことぐらい、自分も解る。
逆に解らない人の方が少ないのでは?!

『解るよ!』
これは自分(注意する側)を守っているに過ぎない。
会社のことを考えていない。
遅刻をした社員のことも考えていない。
自分のことしか考えていない。
多分、『そんなつもりは無い』のであろう。
しかし、その言葉が今後引き起こしていく結果を観れば、その意味が解る。


解っていることを態度で示してしまうと、抑止力は低減する。
自制ができる人が(特別な場合は別として)遅刻をするワケがなく、現状の抑止力では守れなかった決まりが、抑止力を低減させてしまうと守れるわけが無く。。。
その人の問題を解決へ導く上司の役割を放棄したことになる。
また、遅刻への抑止力の低下は、会社の文化にも影響する。

つまり、『解るよ!』は単に部下に嫌われることを恐れるばかりに、会社を裏切った態度だと言える。


とは言うものの、決まりなどと言った抑止力で押さえつけていけば息苦しくなる。
そんなことはきっと誰も本意ではない。

抑止力など持たないでもいい方法が一つある。

それぞれの人たちの自覚や自制である。
つまり、自分で自分を律することである。
自らに全ての責任を考えることができる立派な人を、ひとりひとりが目指すところにある。


自分で自分を律する。
そのことが素晴らしいコミュニティーをつくり出す。

b0097729_23531040.jpg

  by ecru-societe | 2007-01-25 00:00 | 日記 | Trackback(1) | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE