人気ブログランキング |

2007年 01月 29日 ( 1 )

 

信じる

地球交響曲(ガイア・シンフォニー)―トマトの生命力に学ぶ』って本をご存知ですか?
トマトが樹になった話が載っています。
信じられないような本当の話です。

遺伝子学の第一人者。 筑波大学名誉教授の村上和雄先生の『火事場の馬鹿力』の話を思い出します。

火事場の馬鹿力を火事が起こっていない日常でも、出せるようになる方法があるそうです。
それは簡単に言うと『前向きに信じる』というか、『強烈に想い続ける』と言うことが、遺伝子レベルで解明されだしているそうです。

人が頭で想像できる『こうしたい!』・『こうあってほしい!』ということは、遺伝子レベルではたいてい実現可能な範囲だそうです。
思い続ければ叶えることができる潜在的な力を人は持っているそうです。

『地球交響曲(ガイア・シンフォニー)―トマトの生命力に学ぶ』も、トマトの苗に『大きくなってもいいよ!』と話しかけ、育て、大きくなってもいい環境を与えてやればトマトが樹になった話です。


何かを成しえる上で『信じる力』がとても重要だということが、科学的な見地からも解ってきています。
『信じる者は救われる』なんていいますが、『ムリ』と感じる心が自分の可能性を止めてしまい、逆に『強烈に強い想いを持ち続ける』ことが願いが叶うために最も大事な事柄のひとつであることは、間違いないようです。

b0097729_22562632.jpgそう言えば、おうちをつくる時もそうです。

高いからムリって思ってしまっては、もう願いは叶いません。

何とかしたいと思い続ければ、何とかなるモノです。

想像できるモノはたいていカタチにできます。

  by ecru-societe | 2007-01-29 00:00 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE