人気ブログランキング |

2007年 04月 20日 ( 2 )

 

暴力

暴力はこの地球上から無くなる時代は来るのだろうか?

最近、不条理な暴力がかかわる事件が目立つ。
暴力により権力に対抗する。 テロ。

暴力はダメ。
やっぱりそうだろう。

子供をしかる時も暴力はダメなんだろう。
そこから暴力を無くさないと、戦争の無い、暴力の無い世の中は永遠に実現できない。


やはり暴力は不要なモノなんだろう。
だとすれば、軍隊も暴力団もボクシングや相撲や格闘技も無くさないといけないことになる。

それは違うのだろうか?!

『銃が悪いのではなく、人が悪い』と銃で事件が起こるたび言われるアメリカのように、拳(暴力)が悪いんじゃなく人が悪いのは間違いないのかも知れない。

でも、銃も拳も対象を傷つける為のモノ。

暴力。


まだ人間は暴力なくしてコミュニケーションがとれるぐらいに進化出来ていない。

それは暴力を恐れ言葉にしなかったりする『黙認』することと同様の行為を含め、暴力に対しての抗議をしないところ、自覚して行動を起こさないところに問題がある。

もちろん、言葉の暴力もある。

でも、先ずは銃や剣や拳と言ったカタチの暴力を無くさなくてはならないのではないだろうか?



長崎市長のご冥福をお祈りします。

  by ecru-societe | 2007-04-20 22:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

信 および 愛

b0097729_22305927.jpg人は不合理 非理論 利己的です
気にすることなく人を愛しなさい

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく善を行いなさい

目的を達成しようとする時、邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなくやりとげなさい

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れ去られるでしょう
気にすることなくし続けなさい

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい

あなたの作り上げたものが壊されるでしょう
気にすることなく作り続けなさい

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく助け続けなさい

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい
蹴り返されるかもしれません
それでも気にすることなく最良のものを与え続けなさい    (マザー・テレサ)



『愛すること』は難しい。
『愛は盲目』というが、それならまだいい。
『信じること』は妄想に近い。
それでもひたすら『信じる』。
いや『信じた』ふりなのかもしれない。
それが『愛すること』だから。
『愛』は『信じる』ことだから。
『自分自身』の問題だから。
『妄執』かもしれない。
しかし『信じる』しかない。
『信』≒『愛』が人からなくなると、それは『不安』≒『恐怖』が人の心の中にうごめくことになる。
『信じられない』と人のせいにするのではなく、人を信じよう。
『信じる強さ』を持てる人になろう。
マザー・テレサの言葉を忘れずにいよう。


『道理であること』は難しい。
『無理』が通れば『道理』がひっこむのが世の常。
しかもビックリするぐらいに『道理』でないことは日常に転がっている。
と言うかあまりに普通に目にする。
だからといって挫けてしまうと、自分が『道理』で無くなってしまう。
でも、俗世間の中で独りになった気がして不安になりそうになる。
『道理』は『道理』と自分をふるい立たす。
『道理』を貫ける人であろう。
マザー・テレサの言葉を忘れずにいよう。

  by ecru-societe | 2007-04-20 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE