人気ブログランキング |

2007年 07月 15日 ( 1 )

 

無い部分にこそ

例えば、エクリュでは住宅をプランニングするにあたって、新居に置きたいソファーやダイニングテーブルなど家具を選んでもらったりします。
それは、家具やカーテン、雑貨などがインテリアのイメージに大きく影響するからです。

でも、それと同じぐらい重要なコトがあります。

それは部屋などの空間の中で、家具などを置かないスペース。
何も無い部分です。

その何も無い部分のバランスこそインテリアの雰囲気を左右すると言っても過言ではありません。

派手な部分に目を奪われがちで、見落としやすい部分ですがすごく大事な部分が『無』の部分です。


このことはインテリアだけじゃなくどんなことにも当てはまります。

文芸の世界でも『行間を読む』と言います。
文字で書かれていない部分を読み取ると言う意味です。


『空間』は空(あき)の部分が結構大事なんです。

b0097729_1252215.jpg

  by ecru-societe | 2007-07-15 12:49 | 住 (建築・インテリア) | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE