人気ブログランキング |

2007年 12月 06日 ( 1 )

 

デザイン

昨日は独立行政法人雇用・能力開発機構さんの企画する座談会に出席し、デザインのお話を少しさせていただきました。

その中で単に『美』を目指したり、単に『ミニマリズム』などの思想を目指したりするカタチを追っただけのモノはデザインと言ってはいけないのではないか?との話をさせていただきました。

おうちをつくる上でカッコイイことは確実に顕在化したニーズとしてあり、否定をするわけではありません。
ただ、自分が思うのは本来の目的はカッコイイ空間に身を置くことで、毎日を幸せに過ごしたり、喜びを感じるところにデザインの意味があると言うことです。

つまり、カッコイイ形状を目指すのではなく、それは単に結果であり、本当は目指さなければならないのは『幸せ』であったり『喜び』であったりするのだということが言いたいのです。


実は昔は自分もツジツマが重要だったり、精神的、歴史的などの背景が重要だったりしながらデザインに向かっていた気がします。
でも、ここ福井で戸建て住宅などのデザインの仕事をさせていただいている間に、個に着目する重要性に気付き、また個に着目するといった意味合いを深めることがお客様たちのおかげをもって出来てきたと感じます。(まだまだ発展途上ですが、、、)

そのことはカタチには簡単には見えない、本当に注意してじゃないと観えてこないようなコトが結構多いので、中々伝わりにくいのですが、、、
簡単に言うとお客様の幸せや安らぎや満足などを長い目で正確に見据えると言うか、カタチに捉われないでカタチづくると言うか。
そんな作業が本来のデザインではないかと自分は感じるのです。

b0097729_048141.jpgデザイン概論で言うデザインの3要素の意味が深くなります。

  by ecru-societe | 2007-12-06 00:49 | エクリュからのお知らせ | Trackback(4) | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE