人気ブログランキング |

2007年 12月 10日 ( 1 )

 

『何を信じればいいのか?』
そんな事を考えること自体が意味のないことなのかも知れない。

友人のお父さんは自転車で旅をしている人にもっぱら弱いらしい。
自転車で旅をしている人と出会うと、家に連れて帰り、とにかくご飯を食べさせ、風呂に入れ、ひたすらにもてなす。 「えらいなぁ~」を連呼する。
昨今、凶悪な犯罪の報道を目にしたりするが、それは全く自分の周りとは無関係のごとく、見ず知らずの旅人を受け入れるどころか自らさそいこむと言うか。。。

お父さんは自転車に乗った人を信じているのか。。。


よく言いますよね。
例えば、

「釣りをする奴に悪い奴はいない」   とか
「目がよってる人に悪い人がいない」   とか
「靴下がずってる人に悪い人がいない」
とか。。。

多分根拠はないんですよね(笑)

統計学的に考えると、黄金比的にどの集団にもいい人と悪い人の比率は同じ気がしますが、、、これもまた根拠はありません(笑)


そもそも、絶対的な善とか悪とかって中々存在し得ないと思っている自分には、悪い奴がどんな奴なのかもよく解らないのですが。。。


そんなことをうだうだと考えていると、「何を基準に信じればいいのか?」と考えること自体が無意味で、友人のお父さんのように、『基準を持たず、ただ単に人を愛し、人を信じて生きる生き方を選択できるかどうか?』を考える方がよっぽど意味のあることに思えてくる。

その方がカッコイイ生き方だと自分は思う(笑)。
友人のお父さんはカッコイイと思う。

  by ecru-societe | 2007-12-10 00:00 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE