人気ブログランキング |

2008年 01月 18日 ( 2 )

 

地震

1月17日。 阪神大震災から13年経ったんですね。
その頃は関西にいました。
母方の親戚は皆、神戸に住んでいます。
幸い皆命は無事でしたが、建物は半壊するなど被害を受けた親戚もおられました。

空き地もたくさんでき、阪神高速も武庫川止まりだったと記憶してます。

神戸の土地がたくさん売りに出され、マンションディベロッパーに勤めていたわたしはよく神戸に足を運びました。
土地には花が生けられていたりもしました。
ちょっと重い気持ちがする時期でした。
もちろん、ご家族をなくされた方や、かけがえのないものを無くされた方には比べものにならないのですが、、、役所も仮設で、、、そんな事を思い出しました。

そう言えば、その頃の記憶が薄れつつあります。
思い出さないといけなくなってます。

電話が通じなかったこと。
R25が動かなかったこと。
道路がふさがっていたこと。
屋根がブルーシートに覆われていたこと。
友人が閉所恐怖症になったこと。
たくさんの方が犠牲になったこと。

忘れそうになってた。

現在の木造住宅の耐力壁の量や配置は、建築基準法上、阪神大震災クラスの地震が1度来た時に倒壊しないことが基準となっています。

  by ecru-societe | 2008-01-18 22:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)

影響

自分が日記を書くとき。
ほとんどの場合文章を先ず書いてから、あとで題(タイトル)を決めて書きます。

今日はその逆。

題名を決めてから書いています。


なぜ、そうしたのか?
多分今の時点で言いたいことがハッキリと見えず、どういう結論でこの文章がエンディングを迎えるのかが自分でイメージ出来てないからかな?


と言うことで今日のタイトルは『影響』。


この言葉で最初にイメージするのは「あるある大辞典」の納豆の話。
納豆はいいってことで自分も食べました。
まぁ、元々好きだったし、ほぼ毎日食べていましたから入りやすかったのもあったんですが、、、

結局、データーの改ざんが表面化してウソというコトになりました。

そもそも『影響』とは一対一であることは非常に少ないと感じます。
なのにテレビやちまたには、現在の化学や医学を過信しているせいか・・・?
一対一の影響をあたかも正解のように話すシーンをよく目にします。

カテキンがどうとか、リコピンがどうとか、、、

ウソとまで言うと言い過ぎにも成り得るのかも知れませんが、作用・反作用と断定的な表現も限りなくウソっぽく感じるわたしは、かなりひねくれ者なのだろうか?

「よく効くよ!」

よく効くこと自体が体にウソをすり込んだ結果だとすら思えます。


だとしたら、自分達は何かを得るためにどんなを選択の仕方をすればいいのだろう?
そんなことをつれづれなるままに考えていたら『影響』ってタイトルで書いてみたくなりました。

自分の場合、選択の仕方は決めています。
先ずフィーリング。
そして体感。
また、フィーリング。

結局は自分を信じないと誰も信じることが出来ませんからね。
可能な限り自分に聞くようにしてます。
つまり自分に対してどんな影響があるのかを実際に体感して判断、選択してます。

あらためて偉そうに書くほどのことではないんですけどね(笑)。
めっちゃ普通のことです。
ただ、体感をする場合、無駄やリスクも伴いますが、恐れたり疑ったりず飛び込んで、裏切られる時は裏切られようと思っているニュアンスがあります。
こんなこと書いたら詐欺にあいそうですね(笑)。
でも、そこは今までの経験からのフィーリングを信じています。


あらら・・・

影響から話がそれてる・・・
こうなるんですよねぇ~。 タイトルを先に決めちゃうと・・・。

本当は人間関係の『影響』のはなしに行きたかったのですが・・・。

こんな完結しない日記があってもいいかも(笑)。

  by ecru-societe | 2008-01-18 00:55 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE