人気ブログランキング |

2008年 11月 19日 ( 2 )

 

はじまりはワクワク

今日、遅く帰ってきたので、ひとりでお風呂に入った。
ひとりの時間ってあるようであまり無い。
お風呂で色々考えてたら、ワクワクしてきた。
新たなコトをスタートさせようかと思案していた。
ワクワクしてきた。

夜になると、たまに不安な気持ちになる日もある。
どうして夜になるとそうなるのか?
夜は死を想像させるのかな?
それとも邪気は夜行性なのかな?

でも、今日は湯船に温泉の素を入れてひとりでゆっくり浸かったせいか。
あんしんが染み渡り、ワクワクしてきた。
よかった(笑)。

今日、冬がはじまったと感じたけど、明日、何かはじまりそうな予感。

  by ecru-societe | 2008-11-19 00:25 | 日記 | Trackback | Comments(4)

友人

明日は、大学の頃の友人が福井に来る。
この時期はみんな福井に来てくれる。
お目当てはカニ(笑)。

カニがヒトを集めてくれる。
ありがたいことだ。



話は変わって、、、
今日は研修があった。
このところ業界は激動だ。
姉歯事件の波紋は未だにこの業界を揺らしている。

お客様にとって良い結果につながればと、各立場で必死だ。
本当にそうなるように、自分たちに出来ることをしていきたい。



昨年を表す言葉は「偽」だった。
ちょっと淋しい限りだが、今年も残すところ僅かだが、昨年を一新できたのだろうか?

先ず、何を「正」とするのか共通認識(共通のものさし)が必要だ。
それが性能表示制度となるのだが・・・。



またまた話は変わって、、、
数年前。
各企業はこぞって年功序列型の給与形態から成果給へ移行した。

成果給は企業の目的、それのブレイクダウンである個々の役割を明確にし、透明性があがったように思えた。
つまり共通認識(共通のものさし)を手にしたかに思えた。
しかし、人間界全てを表現でき数値化できるわけではなく、、、
偏った考え方になってしまう傾向もあり。
また、遊びの無い雰囲気がギスギスした人間関係を生んでしまった。
成果給は日本人には馴染まなかった。



何を「正」とするのか。
その共通認識が必要だが、ヒトの価値観は一定の指数や何本かのものさしだけでは図れない。
「あんしん」は数字で築けるものではない。
数字はその一部に過ぎない。

数値化できる内容の研修が出来たとしても、
数字に出来ないほとんどのモノの研修は出来ない。



カニの甘みや旨みを数値化しても、その数値が友人を引き付ける裏づけになりえるものではないと言う事だろうか(笑)。

  by ecru-societe | 2008-11-19 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE