人気ブログランキング |

2010年 05月 30日 ( 1 )

 

工場(構造)見学会

b0097729_2213524.jpg


今日は富山県のラミネート・ラボさんが開催する工場(構造)見学会に行って来ました。

ラミネート・ラボさんはLVLのプレカット工場をお持ちの会社で、大断面木造ラーメンなど体育館のような大空間を木造で出来る技術力もお持ちの会社です。
今日も、梁幅1200という昔のお寺に使う梁の様な大きな梁の製作を見せていただきました。

b0097729_22231831.jpg


写真にあるように、耐震等級1(在来)と耐震等級2(集成材)と耐震等級2(LVL+パネル)の原寸モデルと阪神淡路大震災のゆれを再現した時の影響の比較をされていました。

すごく解りやすく、違いがよく理解できました。

耐震等級1とは、建築基準法に適合した構造性能です。
阪神淡路大震災を受けた場合、倒壊はしませんが、半壊します。

耐震等級2とは、建築基準法の1.25倍の体力壁の長さを必要とし、床などで水平力に抵抗できるように検討された基準にて設計された構造性能です。
阪神淡路大震災を受けた場合、耐震等級1とはゆれ方が大きく違い、耐震等級1に比べ変形がかなり少なくで済みます。

その様子などが、リアルに解りました。

b0097729_2326275.jpg


次にLVLのプレカット工場を見学いたしました。

木を刻む工場とは思えないほど綺麗で、出た木屑は全て燃料や木質ボードへと再利用され、無駄なく木材を利用されていました。

LVLの特徴のひとつである、木質部材として優れた安定感(強度のブレが少ない・材によっての強度のばらつきが少ない)の実現のひとつとして、施工誤差の少ないプレカットが不可欠で、その実現をされていました。

b0097729_2340324.jpg


最後に、ラミネート・ラボさんが日本全国で木造で大空間の建物を建てられていることもあり、大断面の構造材の製作現場を見せていただきました。

飛騨市の小学校の体育館に使われる構造材です。
梁幅が1200mmという歴史的な寺社仏閣の構造材のような存在感のある構造材でした。
迫力がありました。

日頃あまり目に出来ない、また中々体験・体感できないことが、今回の工場(構造)見学会で経験できました。

b0097729_23523032.jpg


せっかく富山に行ったので、富山らしいものを食べて帰ろうと言うことで、黒ラーメンを食べました。

富山市山室116-7にある「じゃん鬼」に行きました。
写真は「青らー麺 800円」。

とんこつ+魚介系の出汁に濃い口醤油のスープは濃厚で、味も濃いのですが、結構くせになる味でした。
コーラが飲みたくなるこってりした味(笑)。
(お店を出て直ぐにグリーンコーラを買いました。これも美味しいですね!(笑)。)

b0097729_004117.jpg


麺にもその濃厚なスープが絡み、ソース焼きそばみたいに色づいた麺は、しっかりした味で美味しかったです。

今日は富山で色々な体験をしてきました。

  by ecru-societe | 2010-05-30 22:22 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE