人気ブログランキング |

2010年 06月 01日 ( 1 )

 

自立と役割

自立することは当然大事なこと。

自立とは・・・。
他への従属から離れて独り立ちすること。
他からの支配や助力を受けずに、存在すること。

と辞書にある。

そんなことってありえるのだろうか?



わたし自身、両親のおかげで教育を受け、知識などを身につけてきた。
父方の祖父は早くに亡くなり、父は苦労をした。
しかし、父が苦しい中で大学に行き、一部上場企業に入社したのは、当然本人の頑張りあってのことだが、父を支えた父の家族、祖母や伯母(叔母)や叔父のおかげでもあり、また父の高校の時の先生や大学時代の先生、数え切れない方々のおかげでもある。

そのおかげで父は一部上場企業に入社し、そして私たちを育ててくれた。
その経済力や、経験の受け渡しなどは、父を支えた人達のおかげで、しいては私たちが教育などを受けることが出来たのも、その方々のおかげ。

それをずっと遡って考えていくと・・・。
数え切れないあったこともない方々のおかげで今の自分がある。

自立ってなんなんだろう?



役割はあるのだと思う。

父が私にしてくれたことを子供達にしてやれるかと考えると、とても出来そうにない。。。
ただ、ご先祖様から引き継がれてきた想いなどを、私も子供達に引き継がないといけないと感じる。
それが役割だと。 微力ながらそんな風に思う。



その為に私自身が何が出来るのか?
家族として何をしなければならないのか?
それはたくさんの事があるだろう。

環境を守らなきゃいけない。
子供達と一緒に未来へ繋げる正しい考え方を探さなきゃいけない。
経済力もそう。 保険もそう。

そこでも役割がありそうだ。



先日はサッカーで熱くなった。
日本のサッカーが見えた。 このままでは戦えない。 色々な意見が後日飛び交った。

日本のサッカーは「全員で攻めて、全員で守る」と喩える方もおられる。
それはもちろんメリットもあり、全員の運動量が多くなり、スタミナが続くかどうかはとても重要なポイントになる。

全員サッカーとは言え「主管・ポジション・役割」はある。
守備的なポジションや攻撃的なポジション。
各ポジションがその本来の役割を果たした時に結果が生まれてくるのは、きっと事実だと思う。
各人が本来の役割を果たすことで、チーム(組織)が機能するのだと思う。
その上でフォロし合うのはチームの大切なポイント。

局面局面で数的優位をつくったり、裏をかく動きをしたり、それがチームで出来ることでもある。



自立と役割。

一見相反する位置にあるように思えるが、効率や成果や目標などを何に定めるのかで、自立と役割は同じ意味になり、そうすることがとても大事なことなんだと思う。

  by ecru-societe | 2010-06-01 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE