人気ブログランキング |

2012年 07月 26日 ( 1 )

 

「一緒」

b0097729_9484859.jpg


自分の眼球でしかモノを見ることができない。
自分の知識や感性の範囲でしかモノを観ることができない。

人って多かれ少なかれ、脳と脳をUSBプラグで直結できないのだから、当然のことと言えば当然のこと。
相手の眼に映るモノなんか見れない。

でも、理解を深めていく方向性で共に歩き続ければ、もちろん能力や環境などの要因の影響は無いわけではないが、自分以外の誰かと同じものを観て同じような景色に観える時が来るもかも知れない。

まぁ、人の観方は様々であることに価値があって、同じになる必要性はないんだけど、相手を想いやった言動は、その人の目線近くからモノが観れた時に成果が出る。
自分本位の目線だと、いくら感情的に愛していたり想いがあったとしても、たとえその感情は伝わったとしても、幸福感とか寄り添えた感覚、解り合えた感覚は得ることができない。

自分本位の目線だとむしろ、愛があるからこそ、哀しい。。。

どうすれば同じに感じられる?
どうすれば自分の眼球を相手の脳に直結できる?
僕はそんなことばっかりを考えてきた。

学生の頃から。
今も仕事柄そう。

だから「もしかして、寂しがり屋?!」ってよく言われる。
そなのかも(笑)。


そういえば、、、
人が産まれて一番最初に覚える感情は「寂しさ」だって聞いたことがある。
細胞が分裂して手の指などになっていくのは、指と指の間になる部分の細胞が消えてなくなって指になるって聞いた。
だから、隣り合った細胞たちの別れがあって自分の肉体がつくられてきたから、未来へのまたは進歩への希望はあるけど「さよなら・・ありがとう・・・」って寂しいんだって。


話が横道にそれちゃった。。

どうすれば一緒に感じられるのかな?
みんなもちょっと考えてみてよ?
お願い(笑)





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2012-07-26 09:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE