人気ブログランキング |

2014年 11月 23日 ( 1 )

 

自分を超える。

b0097729_05274238.jpg

どうすれば良いか?
何が正しいか?
そんなモノは無数に存在し、絶対的なモノは存在しない。

一定の秩序の中では、「ベター」や「正しい」が存在するかのように思えるが、秩序自体、一定であり続けないし変化する。

全てを見渡す事など出来ない。
何処まで行ってもそれは一部なんだ。

でもだからと言って悲観的になる必要は全くない。

宇宙を知りたい時、宇宙船に乗り込んで大気圏外に出る方法もあるが、自分自身も宇宙の一部である事を知れば、その必要も無いのかもしれないように、いつでもどこからでも出来ることはあり続けるし、深めることも可能だ。

最も問題なのは、「ダメ」とか「不可能」と自分で決めつけてしまう事。

そうなってしまうと、もう可能性は絶たれる。

自分に今、観えていなくても、自分に観えない世界を見渡している人がきっと沢山いて、それぞれが観える世界で役割を果たしている。

その人達を信じ、自分の「良い」や「正しい」を全てではなくごく一部と知り、共に歩む仲間の「良い」や「正しい」を信じられた時、可能性は広がる。

自分に観えないから
自分が見てきた世界と違うから
自分には何も出来ないと思うのは、僕は違うと感じる。
しかし、自分で何も出来ないと決めたのなら、何も出来ない事は、間違いない。

「信じる」とは、理解するという意味ではない。
「信じる」の中で、「理解」がしめる割合はごく少数にすぎない。
「信じる」とは単に「信じる」という事。

そして、「信じる」者は救われる。
人を殺さない。
人を活かせる。
自分をこえる。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2014-11-23 06:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE