人気ブログランキング |

2016年 07月 30日 ( 1 )

 

百合子さんの絵本

b0097729_23583785.jpeg

今日、NHK終戦スペシャルドラマ「百合子さんの絵本」を観た。
http://www4.nhk.or.jp/yurikosan/

歴史はいつも、その時代の都合で書き換えられたり表現を変更されたりする。
だから何が正しいかはもしかしたら全てであり、全てでは無いのかも知れない。

ただ、自分が正しいと思う事を一生懸命に進めて、仮に報われなくても、一生懸命に行ったその事自身に意味があると、、、そう思えるだろうか?
そんな事も考えていた。

(何が正しいかは分からないけど)その後起こった結果からみて正しかった情報を力を持って打ち消した人々が、その後も力を誇示する為にまた自分達を正当化する。

当たり前だ。
普通の行動で、否定もしない。

だからこそ、もうそんな場所で意見を戦わせる必要も無いし、同じ場所にいる必要も無いのだろう。
世間は意外に広い。
場所は必ずある。

どう思われるかには、さほど意味は無いのかも知れない。
どう思うかが大事。

言いたい人には言わせておいて、言葉は受け取る必要は無い。
むしろ、受け取ったり感情が揺れたりしたら、それは相手の方が一理あるのかも?
その人達がしているように、自分の思いをその人達と無関係な場所で実現すればいいと思う。

そんな気がする。




「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2016-07-30 23:58 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE