人気ブログランキング |

2019年 08月 12日 ( 1 )

 

自立した素敵な面々

b0097729_00014994.jpeg

多くの方々のご理解・ご支援をいただき、おかげさまで、先日、結婚記念日を迎える事が出来ました。

ありがとうございます。

今日、書かせていただくのは、それと関係がある様な、無い様な話。
先月まで開催していた絵画展中に、画家の先生とキュレーターさんと話をしていた時の話です。

絵画展と言ってもひっきりなしにお客様がお越しになる訳では無く、空いている時間は色んな話をしました。

僕にとってはその時間がとても楽しく貴重な時間で、絵画作品の意図などの解釈を深めたり、またその逆で悩んだりと意味深い時間でした。

その日は、ひょんな事から夫婦の話になりました。

その会話の中でとても大好きなやり取りをご紹介します。

b0097729_00144146.jpeg

色んな夫婦の話をしたその流れからキュレーターさんが言いました。

「それにしても画家先生の奥さまは、先生の事をとても大切に考えているよ」

その言葉に何の迷いも無く画家先生が答えました。

『当たり前じゃん』

b0097729_00195249.jpeg

僕もこの会話。
めっちゃ当たり前だと思いました。
でも、巷でよく聞く会話とは、全く違う流れだとも思いました。

僕が巷でよく聞くと感じている会話は以下です。

「それにしても画家先生の奥さまは、先生の事をとても大切に考えているよ」

『いやいや、そんな事無いよ?』
『昨日だって家内が言うには・・・』

こんな感じです。

それが、一寸の迷いの無く『当たり前じゃん』との当たり前の返しに、素敵な面々が集まって素敵な会話を繰り広げている事が嬉しく思いました。

b0097729_00281357.jpeg

先日は長女と「自立」について話しました。
長女が言うには、自立とは、最低限の事は自分で自分の事をする様になる事だそうです。
確かに!
自立とはそう言う事かも知れません。

ただ僕が感じる自立とは、また別の解釈があります。

あの日の会話がとても素敵だったのは、自立した人達が話をされていたからです。

つまり僕が考える自立とは

b0097729_00352152.jpeg

「己れを知る」って事だと思うのです。

「汝自身を知れ」

全てを知り尽くす事は不可能。
知識には限界がある。
だから自分が出来る事にも限界がある。
だから人が集まって、欠けている部分を埋め合って満たそうとしている。
その事を自覚して出来るのは、自分を知ってからの事。

自立とは、他人に頼らないと言う意味では無く、自分の出来る事・出来ない事を知る事ではないか?と思うのです。

そう言う意味で、あの日の会話は、それぞれの方々(先生たち)が、立場や役割やアイデンティティなど、自身を見つめ続けて来られた先生たちが、その見地からの言葉で出来た会話なので、当たり前に素敵な会話になったのだと僕は思うのです。

自立とは、自身を知ろうと見つめ続けている事ではないか?と僕は思います。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-08-12 00:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE