人気ブログランキング |

2019年 10月 10日 ( 1 )

 

美しいカタチを得る理由

b0097729_01114779.jpeg

美しいカタチを得る事は、そんなに難しく無い時代になった。

既製品のキッチンやお風呂のデザインを、世界的に有名なプロダクトデザイナーが手掛けていたり、GKデザイングループが手掛けていたりする。

だから、そんじょそこらの輩が小手先で線を引いたところで(デザインしたところで)足元にも及ばないのは目に見えている。

こんな状況だから、既製品をそのまま使用しても、ある程度洗練された形状にまとまるのは当然で、美しいカタチを得る事は、容易になっている。

b0097729_01060396.jpeg

実は既製品の美しさもさる事ながら、もっと、美しいカタチを得る事を容易にしている理由がある。

それはその形状を得る対価がハッキリしていないポイントにある。
ニーズでは無く、ウォンツのまま得る事が出来るポイントだ。

もう少し解りやすく説明するとこうなる。

例えば建築物の価値は、5つの軸で形成されている。
5つの軸、つまり「社会性・芸術性・機能性・経済性・生産性」だ。

美しいカタチを例えば芸術性としよう。

2000万円の家を建てる時
社会性の為に使う費用が60万円
芸術性が1600万円
機能性に200万円
経済性に40万円
生産性に100万円
こんな風に可視化した場合。

「もっと機能性に費用を増やしたい」
「もっと経済性は検討したい」などなど意見が出て来る筈。

しかし、可視化出来ていない事が多い中で、費用対効果が不明確なまま、明確な見た目だけを追う。
そう言った実態が美しいカタチを得やすい状況になっているのだと予測する。

b0097729_01111981.jpeg

知らぬが仏。
しかし、現実とは大抵厳しいものだ。
それでも現実に目を向けて、曇りなき眼で見定められる強い人。
その人しか乗り越えてられない筈が、良い部分だけを見て選択した気になる状況なら、容易く美しいカタチを得るだろう。

b0097729_01125833.jpeg

そもそも、どんな事でもそうだが、住まいを検討する場合も例外では無く、魅力ばかりを追っては行けない。

住まいは日常を過ごす場。
もしかすると最期まで居る場になるかも知れない。
なのに魅力ばかりを追うと、とんでも無いことに成りかねない。

b0097729_01170579.jpeg

魅力とは、自分に無い物とも言える。
多くが当たり前の日常に魅力を感じず、中々得る事が出来ない経験出来ないモノに魅力を覚えるのが一般的だと感じる。
つまり、当たり前から遠ざかる程、魅力は高まる。
言い換えると自分から遠ざかる程、魅力を感じる。

刺激に耐えられる間は、魅力は刺激的で良い。
しかし、一旦、刺激が煩わしいモノに変わり始めると、魅力は不一致と言う言葉へ変化する。

当たり前だ!
最初から自分に無いモノを選んでいるのだから。
不一致に決まっている。

b0097729_01261604.jpeg

それが、魅力ばかりを追ってはいけない理由。
魅力とは不一致にも変化する可能性を秘めているのだ。

住まいは日常を過ごす場
もしかすると最期まで居る場かもしれない。
そんな場が、ある日から不一致に変化してしまったら、これ程不幸な事が他にあるだろうか?

そうならない為にも、魅力ばかりを追うのでは無く、地に足をつけた日常を把握し最適化する必要がある。

むしろ魅力では無く、己を見つめ知る事こそが住まいづくりに不可欠なのだ。

b0097729_01334913.jpeg

幸い、冒頭に述べた様に、美しいカタチは容易に得る事が可能となっている。

大量生産される既製品が、深澤直人氏のデザインであったりする。
嬉しい限りだ。

美しいカタチを得るのに、躍起になる必要はない。

それより落ち着いて己を知る事の方が、住まいづくりにおいてもとても重要で、費用対効果を知り、己の価値観で住まいを形成してこそ、美しいカタチを得る意味があるのでは無いだろうか?

僕はそう考えている。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-10-10 00:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE