<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ストレート勝負。

b0097729_23063515.jpeg

痩せ我慢とか、カッコ付けとか言われても、そんな意識は全く無く、僕はそれしか出来なくて続けているだけ。

変化球を投げられず、直球のみで勝負する。

PL学園時代の桑田投手は、一年生でエース。
直球のみで勝負したと聞いた。
とても好きな選手だ。

ただ僕の場合、選択肢が無く。
直球しか投げられない。
直球のみで勝負する。

和也が亡くなった日、代わりに双子の兄、達也がマウンドに立ち、直球しか投げられない(タッチ参照)。
そんな感じかどうかが分からないけど、直球のみで勝負する。

それでも生きて来れた。

きっと周りの誰かが、変化球を投げてくれたおかげかな?
直球しか投げられない自分を僕は気に入ってるけど、それはそうじゃない事を代わりにしてくれている方々のおかげだね!

高校野球は100回目の区切りの年を迎えようとしている。
福井は甲子園常連の敦賀気比。
奈良は常連校の天理を抑えて奈良大附属(正強)。
驚いた!

今の子は、器用だからな!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-28 23:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

家の意味。

b0097729_23375523.jpeg

「家」
僕の家(建物)
僕の家族(生計を共にする人)
横山家(ご先祖さま・一族)
武家(職業・地位)
愛妻家(性格など)
出家(世間様)
家内(妻)

家には色んな意味がある。

家という文字は建物の中にイノシシがある象形文字から出来たらしい。
神に生贄を供える神聖な場所からきているようだ。

僕は我が家が好きだ。

僕の好きな建築家、ルイスバラガン の言葉に
「静けさこそが、苦悩や恐怖を癒す薬」
とある。

放っておくとカオスになってしまう時空を、僕の家は秩序を与えてくれる。
乱す者もいるが、また僕が整える。
そして静謐(せいひつ)を取り戻す。

ルイスバラガンはこうも言っている。
「静謐な家をつくる事が、建築家の義務」だと。
全く同感だ!

更に僕は思う。
放っておくと直ぐにカオス化してしまう時空間を、いかに手間を加えず秩序を保ちやすい環境に設計出来るか?
それを真剣に考えて取り組む事も、携わる者の良心だと。
僕は強くおもう



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-27 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

17歳の夏から。(17歳の地図)

b0097729_22232577.jpeg

経験しなくて良い事など、一つも存在しないと言うけど、経験を活かすも殺すも自分次第だ。

後悔する暇があるなら、今そこから出来る事を考える。
ずっとそんな風に考えて来たから、後を振り返って「あの時こうしてれば、今は・・・」何て意味の無い事して来なかったけど、時々17歳の夏、もっと深く人の話が聞けたら、、、などと、意味の無い事を考えてしまう。

シアワセとは、今もすぐそこにある。
そう知れたのは、17歳の夏以降の経験をしたから本当にそう思えるのであって、17歳の夏、もし僕があと少し力があれば、逆に今も妻と一緒いる事がシアワセである事を理解はしてても、心底そう思えたか?と言われると「?」は拭えない。

ただ、誰かが言った様に、「17歳の夏に一緒に入れた場合、今も一緒にいるかどうかは分からないよね!」との言葉には、ハッキリ「今も一緒にいた!」と断言は出来る。

当時からずっと、僕は妻を愛していた。

b0097729_23112129.jpeg

僕らが迷惑をかけてしまった人たちがいる。
その事がいつも「もし17歳の夏に・・・」と何度も振り返ってしまう最大の要因。
僕にあと少し力があれば・・・と考えも意味の無い事を幾度も考えて繰り返す。

色々な方々のご理解・ご協力をいただき、僕らはここにいる。
偽り無く心底シアワセを実感出来、本当に有り難い限りで言葉にならない。

シアワセは、今もすぐそこにある。
心底それを感じられるには、必要な経験があるのだろう。
世界で一番好きな人と心底シアワセだと感じながら一緒にい続けている毎日。
そう感じるのには必要な経験を活かして今日を迎えた僕たちであるのと同時に、僕にとっては17歳の夏の続きだからだろう。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-25 22:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

鵜呑み。

b0097729_23114150.jpeg

自分以外の誰かと一緒にいる為に・・・

誰かの考えを「解る」とか、誰かの想いに「気付く」とか・・・その事には大して意味が無いと言うか・・・むしろ解りようが無いと考える。

「理解とはおおむね願望に基づくモノ」との見解は、僕も全く同じように考える。
本来の理解などしない。
単に自分の願望にカラチをはめ込んで都合に合わせているだけだ。

だとしたら、人が一緒に存在する為に何が必要か?

b0097729_23202827.jpeg

相手を「信じる」とかって言葉にも違和感を覚える。
ベクトルを持つ言葉は、逆の意味や要素が存在しているからだ。

「信じる」と意識しているのは、「信じられない」状況が存在し得るから、そこから離脱を図って発している言語。
だから、違和感を覚える。

b0097729_23290973.jpeg

最もしっくりくる言葉は、「鵜呑み」だ。

人が一緒に存在する為に必要な事。
一緒にいようと決めたのなら、必要な事、それは「鵜呑み」だと感じる。

本来の意味での理解が出来るなら、それに越した事は無い。
しかし本来の意味での理解など存在しない。
そもそも、全て理解が出来るなら、一緒にいる意味すら存在するのかが疑問だ。

何故なら、一緒にいる意味は違いにあると考えている。
違いとは、視力(遠視・近視)や立場や方向性など視野によって生まれている部分も大きく存在している。

本来の理解をするには、自分の視界を放棄して相手の視界を眺めると言う意味にも思える。
もしそうだとしたら、二人いる事で減らしていた死角を、二人いるのに広げる事になる。

だから、全て本来の意味での理解をした場合、一緒にいる意味が無くなってしまうと考える。

むしろ「理解とはおおむね願望に基づくモノ」で良いのだ!

b0097729_23385620.jpeg

だから「鵜呑み」だ。
自分に見えない景色は、相棒に任せて、相棒が発する情報は、自分に見える訳が無いのだから「鵜呑み」にするという訳だ。

これで一人では無く、二人でいる意味があるのだと考える。

b0097729_23423952.jpeg

「(本来の)理解」は不要。
「信じる」はウソ臭い。

必要なのは相互に行う「鵜呑み」だ!

PS
元也。
誕生日おめでとう!!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-22 23:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「生きる」=「道」

b0097729_08591504.jpeg

「生きる」って事は、僕は「道」だと感じて今まで来たけど、もっとシンプルでしたたかに捉えている方々がいると言うか・・・捉えてる概念すら無いと言うか・・・昨日は社会勉強になった。
(僕の思考の浅さが故に、ご迷惑をおかけした方々、本当にごめんなさい。。。)

とは言え、僕にとって「生きる」とは「道」で・・・。

中学生。
いや、それ以前から?

僕にとっては教科書や生徒手帳に書かれた校則よりも「僕の生きる道」が脳内で重要なウェイトを占めていた事で、大変ご迷惑をおかけしてしまった。。。

本当に大人になった今もそれは変わらず・・・

だからやっぱりご迷惑をおかけしているのだろう。
支えていただいている方々、本当にいつもありがとうございます!

b0097729_09133662.jpeg

僕の「道」の話。
興味を持って聴きに来てくれたら本当に嬉しい。
いつでも、いくらでもお話します。

今日も僕の道を歩もう!
僕はそれしか出来ないから。
ご迷惑だったら本当にごめんなさい。。。
支えてくれる方々、いつも本当にありがとうございます!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-22 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

言葉もない。

b0097729_21014232.jpeg

僕もそんなに正しく過ごしていた訳じゃない。
むしろ、学校や先生方からすれば、劣等生だったんじゃないかな?

でも身勝手ながら、、、僕の中のルールは、たとえ反社会的と評価されても淡々と続けた。

b0097729_01101155.jpeg

社会を受け入れて長い物に巻かれて、気遣いとごますりを欠かさない。
そんな生き方、今はカッコイイと思える。

カッコ悪いのは、あざとくズルい卑怯な奴だ。

とは言え、そいつらの方が上手く生きてるのかもと感じる時もある。

b0097729_01183998.jpeg

だからと言って真似出来る訳もなく。
不器用でも自分で自分を恥じる事なく生きていきたい。
迷惑をおかけして・・・
お騒がせして・・・
決して自慢の出来る生き方では無いけど、、、
やっぱり学生時代と変わらず、本当に身勝手で手前勝手なちっぽけな世界だけど、僕の中のルールは批判にさらされても淡々と続けていく。
それしか出来ない。

b0097729_01252081.jpeg

こんな僕を、僕でいさせてくれる方々に、感謝で言葉もない。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-21 01:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

b0097729_23054641.jpeg

危険な暑すぎる日が続いて、熱中症の対策も意味をなさないくらい。
夏が始まっている。

明日から夏休み。
近所の公園では、ラジオ体操が始まる。

ハンコを全部押してもらえたら、アイスクリームがもらえるって。

b0097729_23060386.jpeg

夏休みが終わるまで、返事を待ってもらえる?
わかった。いいよ、じゃあ待ってるね!

・・・夏・・・

夏の想い出。

b0097729_21014232.jpeg

小学生の頃。
松尾寺の住職と父が知り合いで、ラジオ体操の前に松尾寺まで山を歩いて登って座禅を組んで、山を降りてラジオ体操をして家に帰るのが、夏休みの朝だった。

b0097729_23280811.jpeg

23年が過ぎ、23年前出来なかった本当の返事の意味。
一緒になったのも夏。

あーーー夏休み
チョイト終わらないでもっとまだまだベイビー
by チューブ



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-20 23:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

掴もうぜ!ドラゴンボール!!

b0097729_22500156.jpeg

ドラゴンボールを作った神様は、昔、修行をして自分の中の悪を追い出した。
それがピッコロ大魔王だと聞いたのは、中学生の頃だったかな?

でも、そこで疑問がわく。
絶対的善ってどんなのだろう?
絶対的悪ってどんなのだろう?
片方を失った存在が、どうしてもイメージ出来なかった。
善でも悪でも無い、真ん中はイメージ出来そうだが、片方によっている状態は、イメージ出来ない。。。

b0097729_22541424.jpeg

炊飯器に閉じ込めておける絶対的悪。
それ自体が悪っぽく無い。。。
親しみを感じてしまう。

いやいや。
今日はそんな話がしたかった訳じゃ無い。

今日は新薬師寺の薬師如来の周りにいる「十二神将」について思うところがありました。

b0097729_23013918.jpeg

新薬師寺の薬師如来を守る十二神将。
とても恐ろしい形相をしています。

その形相。
切手のデザインにもなっていますね!

b0097729_23035089.jpeg

スーパーサイヤ人のようです。

薬師如来は十二誓願をお聞き届けていただける有難い仏様。
そういう優しい方をお守りしている十二人のいかつい神様。
武力無くして治安無しって事なのかなぁ〜っと思いました。

b0097729_23113762.jpeg

結局人も神様も仏様も、大切なモノを大切にする(守る)為に鬼になる(鬼がいる・鬼が必要)。
これでは善なのか悪なのか?
アンパンマンなのかバイキンマンなのか?
神様なのかピッコロ大魔王なのか?
教えてくれ!カカロット!!

b0097729_23180944.jpeg

自分が大切に思っているなら、他人が大切に思っている何か、それが自分と違ってもどんな想いかは容易に想像がつく。

自分の大切なモノを守る為に、他人の大切なモノを侵さなければならないのなら、それはきっと自分が大切と思っているモノを、本当の意味では大切には想えていないし大切に出来てもいない。

僕はコレが本当に大切だから
君は君の大切なモノを大切にしてね!

本当に大切に想えて大切に出来る人なら、そんな風に考えるのでは無いだろうか?

教えて!伐折羅大将!!

b0097729_23113762.jpeg

「そなたの中には夜叉がいる。この娘の中にもだ!」

b0097729_23395848.png

「森と人とが争わずに済む道は無いのか?」



イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!
[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-14 22:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

してもらった事 ≠ 恩返し

b0097729_22521519.jpeg

人の記憶は、劣化する。
涙する程、ありがたいと感じた事ですら、数年、いや数ヶ月・・・数日もすれば、その瞬間と同じテンションは保っていられないのが普通の人だろう。

b0097729_22562861.jpeg

どうすれば、いつまでも色褪せる事なくしてもらった事への感謝の念を持続させる事が出来るのかをいつも考える。
何故なら、そうしないと不条理な世の中になってしまう。

僕から発する不条理は、出来る限り減らしたい。。。

b0097729_22585291.png

五ェ門のように、借りは必ず返すのが人の道。
恩を仇で返すような、そんなはしたない真似は、僕はしたくない。

でもそもそも力無く、同じようには返せない。
それどころか、想いの熱量を劣化させてしまったら、「同じ」の基準自体も低下していく一方で、やっぱり返せない。

そうなると、つまらぬものすら斬りたくなる気持ちも湧き上がらないとも言い切れない。

斬鉄剣を抜くか?

b0097729_23053259.jpeg

その場で直ぐに恩返しすれば良いのだが、そう都合よく状況が整う訳でもない。
だからやっぱり、想いを持続させる工夫が必要だと思い、また方法を思案する。

恥を知れ!
幾ら価値観が多様化しようとも、原理原則は存在する。

己を知れ!
そうすれば打つ手はある。

鉄を食え
飢えた狼よ
死んでもブタには食いつくな!

b0097729_08294648.jpeg



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-13 22:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

より良い社会の為。

b0097729_12500123.jpeg

自分以外の誰かの事を
否定する事で
自分の意見に賛同させようとする論法
よく耳にする。

確かに分かりやすいし、共感を得やすい。
分かりやすい事は重要だし、共感を得る事も必要だ。

でももしその意見が、(わたくし(個)の利益の為では無く)より良い社会(公)の為に発しているとすれば、、、
他人を否定する事で得た賛同では、その効果を得ない。

(ルールを守っている)自分以外の人や団体を拒否し追いやる事で、社会が発展する筈もなく。
むしろ逆で、取り込む事でしか発展はあり得ないからだ。

b0097729_12591887.jpeg

だとしたら、冒頭の、自分以外の誰かの事を否定する事で自分の意見に賛同させようとする論法を使う者は、結果的に、単なる自分の利益の為に他人を利用するペテン師となってしまう事は、容易に理解出来る。

しかし、論法を使っている本人は、その事に全く気付いておらず、無知なあまりに社会(公)の為だと信じ切っているから、いつもとても困難な状況を生み出す。

無理が通れば道理がひっこむって事にもならないとは言えない。

だからこそ成熟した教育が必要だと思うが、この種の教育は学校の範疇を超えて来る可能性が高く、本来は家庭ですべき教育だとは思うが、我が家を含めて家庭自体が成熟しているとは言い難く・・・もしかすると伝統や人々の想いを積み上げてきた神社やお寺が役割を発揮出来るのではないか?と感じる。
後は、芸術かな?

難しい事には変わりないが・・・



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-07-08 12:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE