<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ロミオとリミテッド

b0097729_23464837.jpeg

おかげさまで今日は久しぶりにゆっくりと食事が出来ました。

昔、昔と言っても10年以上前に、エクコミュやエクコミュVol02、そしてココ、エクコミュVol03にて、福井を中心とした食事の出来るお店をアップしていたので、頻繁に外食をしているイメージを拭えないのですが、ここ最近と言うか、かなり前から外食は殆どしません。

また外食する場合、行くお店がいつも同じお店になりました。
自分にとって大切なお店って、実はそんなに沢山の無いのかも知れませんね!

b0097729_23525169.jpeg

今日伺ったお店も良く行くお店のひとつ。
ベッキエッタです。

チーズなどが有名で、本当に美味しいイタリアンのお店。

少人数しか対応出来ず、急に伺うとよく「今日はダメ!」と断られてしまいます。

「数(数が多い事)」は確かに大きな価値のひとつではありますが、僕が良く伺うお店は、「数」ではなく「質」に拘りが強いお店が多い気がします。

僕も昔から「普通」って言葉や「皆んな言ってるよ!」ってセリフが本当に受け入れ難く感じます。
他に大切なモノを強く感じてしまうのです。

b0097729_00004978.jpeg

「本質」が理解出来ない程、「数」を信じると感じます。
後は自分を持っていない人程、オーディエンスの声(普通)に左右されがちです。

とは言え、「数」がもやらせてくれる恩恵が大きく、僕らの日常生活は「数」無くしては成り立たないのも事実です。

でも僕は「数」だけではない、「数」を追い求めると得る事が出来ないモノを大切に感じています。

そもそも「数」に価値を感じると、福井は人口が5番目に少なく県なので、価値が低い事になってしまう。
それは違う!
福井には他県に無い価値があり、また人口が少ない事での価値もあります。

希少価値(リミテッド)って、とてもそそられませんか?(笑)



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-11-29 23:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

二つの言葉

b0097729_22123414.jpeg

「人のふり見て我がふり直せ」

最初は、誰かの嫌な面を自分は持たないように、人のふり見て我がふりを直すとの意味だと思ってた。

もちろん、行動はそんな感じ何だろうけど、意味は少し深くなった。

「アホって言った者がアホなんです」

子供の頃は、全く意味が分からなかったが、今は解る。

アホって概念が存在していて、アホって思った。
それは自分の中にアホが存在しているから理解が出来た事。
つまり自分がアホだから、相手にアホと感じた。
それを「アホって言った者がアホなんです」という言葉になる。
カガミの法則である。

その論理を「人のふり見て我がふり直せ」にあてはめると、人(相手)に「嫌」と思うポイントを見つけたら、それは自分の中に存在しているのだから、直せば良い。
という意味になる。

きっとこの言葉を最初に言った方は、そういう思いで仰ったに違いない。
しかしその言葉を聞いて伝えた者の中には、カガミの法則が理解出来てない人もいて、深み無く伝わったりもしたのだろうけど、残る言葉の最も凄いポイントは、浅くとも深くとも理解出来るというところにある。

浅い者も深い者も、同じ言葉で共感出来る。
ただ、その事で苦労もある。
浅い者も深い者も理解が同じ様に外見からは見え、誤解を招く事は珍しくない。
そこにフェイクが存在する。

とは言え大事な事は、深さの違いなどの様に人と比べる事にあらず。

二つの言葉が伝える様に、全ては自分自信の内面に存在している。
自分に向き合い自分として向上する事が大事で、自分が完全にアホでなくなった時、自分の周りでもアホが存在しなくなるし、自分の嫌なところが完全に存在しなくなった瞬間、自分の周りには嫌な人がいなくなる。

「人のふり見て我がふり直せ」
「アホって言った者がアホなんです」
この二つの言葉は、その事を示唆している。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-11-28 22:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

キセキ。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
「自由部門に応募します」

b0097729_23361489.jpeg

僕は、2005年からブログを書いて来ました。
2006年からはココでエクコミュVol03としてブログを書き出しました。

今日、昔のこの日(11/25)の記事を読み返すと、次男が僕と寝たいと言った夜の事が書いてあり、時間の経過に切なさを感じながら読み返しました。

決して戻っては来ない時間を、その時あった事や感じた事をココに残してきた事を感じ、思わず、京都で一人暮らしをしている次男に、先程ラインで連絡しました。

「今度、会わないか?」と。

b0097729_23454023.jpeg

人は家族であれ親子であれ、ひとりきり。
一緒にいる時間は、刹那でキセキです。

一瞬一瞬がかけがえのない大切な時間だと気付かせてくれるのも、その一瞬一瞬をブログというカタチに残してきたから感じられるのかも知れません。

色々考えたり悩んだりしながらブログとして残して来ましたが、その事で「仕合わせ」の意味を感じられています。

[PR]

  by ecru-societe | 2018-11-25 23:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

僕はカガミになる。

b0097729_20481089.jpeg

お客様のニーズを出来るだけ正確に探りたくて、僕はカガミになりきる努力をしてしてきました。
つまりお客様ご自身の姿を映し出すカガミの様な役割を果たすと言う事です。

建築士だし、この業界に三十年近く携わっているし、どうしてもお客様に僕の意見や考え方が影響してしまう。
どうすれば僕が影響する事無く、お客様のニーズを引き出せるのか?
ずっと真剣に考えて色々試して工夫して、PDCAサイクルを繰り返し、現在に至ります。

b0097729_12325567.jpeg

そのおかげで、今では打合せ中などでは自然とカガミになりやすい言葉を選択出来たりします。

ニーズを探るにはとても良いこの癖と言うか特性。
自分を明確にしたくない方、ウソという鎧を着て生きておられる方には、とんでもなく迷惑な職業病で、隠しておきたい事も明確にしてしまう事で傷付けてしまったけ結果、暴言を受ける事があります。

b0097729_21431391.jpeg

能力はいつも良い方向に発揮出来る訳ではなく、人を傷つける事もある事は、十分に認識しているので、暴言に僕自身は影響を受け難い様に聞き流せたり出来ますが、僕が傷ついていない姿を見ると、更に傷付いてしまうのでしょう。
だから、僕の側に居続けてくれる方々は、自分を受け入れる力をお持ちの立派な方々が多く。
そう考えると、僕の力では無く、周りの方々のお力のおかげで一緒にいていただいているのだと気付きます。

b0097729_21534883.jpeg

どうりで!
僕の周りにには、精神的や経済的に豊かな方々や、安定感のある方、いつも目標に向かって頑張っておられる方など立派な方々が多くおられるのだと気付きました。

僕は優しく無い。。。

見せたく無い部分をも、白日のもとに晒すような事をしてしまうデリカシーの無い結果を導いてしまう。

うまくやれば良いのか?
でも、そうしてしまうと、本来のニーズを見極め難くなったり、僕の能力を必要とさせれる自分自身をちゃんと受け止められる方々の期待にお応え出来なくなってしまう。。。

b0097729_22054355.jpeg

せっかく高めてきた僕の能力。
だから僕の能力は、必要としてくれる方々の為に使えば良い。
僕の能力が毒になる方にベクトルを向ける必要は無い。
きっと僕以外の誰かが、毒になる方の力になっていただけるのだから。

そう思うのです。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-11-24 20:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

閻魔様に逢う日まで!

b0097729_22573460.jpeg

自分の感覚や考えや想い。
それを感じて信じて歩んで行くんだけど、抵抗にあったり邪魔が入ったりするのは、珍しくない事。

僕の感覚通りに動いたら、それは間違いないとは知ってはいるけど、それが一番良いタイミングであるかどうかは、「思い立ったが吉日」という言葉だけを信じる訳にもいかず、「果報は寝て待て」などとも言うので、焦る事なく、その抵抗を受けながら、それでも方向は変えずに歩んで行く。

コレが僕のやり方。

b0097729_23080232.jpeg

つまり、自分の身の回りに起こる事全ては、自分にとっても社会にとっても歴史にとっても未来にとっても意味があって、どれも必要不可欠な事だって思っている。

もちろん、僕の方向性に対する抵抗勢力も、僕にとって必要不可欠な存在だと思っている。

b0097729_23111999.jpeg

人間万事塞翁が馬

僕の座右の銘だが、その言葉に上記の事が凝縮されている。

答えは今じゃない。
閻魔様の前で全て清算される。
それに、僕は預言者では無いから、未来を何一つ狂わず言い当てる事は出来ない。
ただ、僕を否定している人も預言者でも何でも無いから、言ってる事がいつも正しい訳では無い。
お互い、一理に過ぎない。

b0097729_23154166.jpeg

人間万事塞翁が馬
だから、いつも正しい訳では無い意見などにて振り回されたり辛くなる必要も無く、自分の感覚と自分の身の回りで起こる全てを受け入れさえすれば自ずと道は開けると感じている。

清算されるのは、閻魔大王の前に立つ日。
それまでは僕が言う事も誰が言う事も答えでは無い。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

[PR]

  by ecru-societe | 2018-11-11 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE