人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

また、逢いたいね。

b0097729_19255798.jpeg

6月から2ヶ月にわたり開催させていただいた「EVIL’S
Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」皆さまのおかげを持ちまして、本日、終了致しました。

エクリュでお住まいなどを建てていただいたオーナー様ご家族の暮らしを高めて行かれる事に使っていただきたいと考えて3年前に設けたエクリュ・ギャラリー。

この度、その趣旨をご理解いただきご協力いただいたTOMOTAKAさんをはじめ全ての方々に深く感謝致します。
おかげさまで、本当に素敵な2ヶ月間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

b0097729_22311200.jpeg

昨日は、TOMOTAKAさんご夫婦をはじめ、キュレーターでもある安穏の家オーナー様ご夫婦、エクリュスタッフ一同と一緒に打ち上げをさせていただきました。

その中のお話でも、「今回のこのメンバーでまた再び集まりたいね!」とか、「定期的に集まらないか?」など嬉しいお声が上がり、感謝の言葉も見つかりません。

b0097729_22431609.jpeg

今日、シャンデリアの中から姿を消したアリストテレス(ドラミちゃん)。
失ってから気付くTOMOTAKAさんの絵画の持っている力でした。

ギャラリーとしての微力さを痛感すると共に、それだけに皆さまのご協力のおかげで、とても素晴らしい絵画展が開催出来、終了出来た事に深く感謝致します。

本当にありがとうございました!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-28 23:02 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

膨張と収縮を繰り返す

b0097729_00073068.jpeg

宇宙は膨張と収縮を繰り返しているんだって!

多様化が進み、教育などの場面でも多様性を許す方向性を感じる。
多様性は絶滅を避ける最も有力手段のひとつだと思う。

一方で分断されていく感覚を否めない。

自分の主義主張があるのなら、他人にも主義主張があり、またその他の人にも違った主義主張が存在するのは当然の事で。

それらを認め合う事が、自分の主義主張を他の人に認めてもらう方法だと思いきや、解る者(主義主張が比較的一致する者)だけで集まり、不一致する者とは関わりを持たない。

そして細分化され縮小して行く。

b0097729_00191040.jpeg

それが良い事なのか?悪い事なのか?は解らない。
きっとどちらでも無いのだろう。
単に流れ。
単に経過に過ぎないのだろう。

宇宙は膨張と収縮を繰り返しているんだって!



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-23 00:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Justice

b0097729_23564606.jpeg

最近、分かって来た事がある。

でもきっと、一概には言えない。
だとしても、その方向を探求しようと思う。

僕がよく考えている事のひとつ。
どうすれば皆んな清く正しく美しく生きて行けるのか?って事。

そのひとつの可能性が観えて来た
と言うか・・・
僕らしいやり方、僕が最も納得が行く方向性が感じられたのは、今、打合せをさせていただいているお施主様の立ち振る舞いにある。
その方のおかげで、僕は未来に希望を感じ嬉しい気持ちになっている。

皆んなと清く正しく美しく生きて行く世界が広がる可能性が増したからだ。

b0097729_00113689.jpeg

力が正義では無い
正義が力だ

その言葉の意味を、ひとつ深める事で、可能性が広がると感じた。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-19 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

M

b0097729_23340888.jpeg

先日より脳裏にプリンセスプリンセスのMが流れる。
まるで消せないアドレスのよう。

そして歌詞をなぞっていて、今ごろ気付いた。

「叶わない想いならあなたを忘れる勇気だけ欲しいよ」って

結局、いつも一緒にいる独占する事を叶えたいだけだと気付いた。

それが愛では無いと気付いた。

そうわんすあげいん!


「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-18 23:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuk」

b0097729_09253137.jpeg

猟師が獲物に銃口を向けしとめる時、「繋がる」との感覚を覚えると聞いた事があります。

命をいただく程の出逢いとは、「縁」なのかも知れません。

b0097729_09323795.jpeg

昨日は芦屋画廊Kyotoさんのご好意のもと、ART OSAKA 2019 に行って参りました。

b0097729_09204758.jpeg

現代美術に特化したアートフェアとしては日本最大規模。
一番長く支持されてきた定評あるアートフェアで、ホテルグランヴィア大阪の客室を展示ブースに26階ワンフロアを全て会場に貸し切られています。
参加ギャラリーは国内外より54ギャラリー(関西23、関西以外26、台湾4、韓国1)、展示ブース数は69部屋に上ります。
1日でまわりきるのは困難な程でした。

ギャラリーの方やアーティストご本人ともお話が出来たり、作品もとても近い距離感にあり、実際に空間に飾るイメージが出来るような展示もありました。

b0097729_09502392.jpeg

一気に福井に話は戻って・・・
エクリュの二階ギャラリーでは、現在「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuk」(絵画展)を開催中です。

ギャラリーの役割なども考えながら、今回、ART OSAKA 2019 に伺いましたが、猟師の「繋がる」が言葉として浮かびました。

b0097729_09573610.jpeg

全てのモノには、うまれてきた意味があるはずです。
そしてそれらが出逢う事にも、偶然ではない必然的な意味が存在している。

でも、その意味に気付いている方ってどのくらいおられるのでしょうか?

いや、意味など気付く必要も無いのかも?
むしろ「繋がる」を感じ取る事が出来たなら。

b0097729_10074070.jpeg

ギャラリーは、整理したり拾ったり気付いたりして、その「繋がる」感覚を少しだけお手伝いする。
「繋がる」の為の場づくりなのかな?

今回、ART OSAKA 2019 に伺い、芦屋画廊Kyotoさんのお話などを伺っていて感じました。

ただ、エクリュ・ギャラリーの想いは、ギャラリーとしてはある意味不純なのかも知れない「お施主様をはじめ、弊社と関わっていただける方々の暮らしが高まって行って欲しい」があります。

繋がりがそうさせてくれると本当に嬉しいですね!

b0097729_10281022.jpeg

繋がりと言うと・・・

大阪駅付近の雑踏の中。
連絡もしていなかったのに、大阪在住の義妹とバッタリ会いました。
福井では珍しく無いこの偶然の出会いも、大阪だとキセキです。

「家族」
なんと強固な繋がりだ!って当たり前ですね!
いや!キセキです(笑)

b0097729_10540274.jpeg

EVIL’S Twelve

TOMOTAKA Hiroyuki

2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)


エクリュ2階ギャラリーにて

絵画展を開催中です。


是非お立ち寄りくださいませ!




「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-06 09:20 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

UL → US →→→ ECRU

b0097729_23151872.jpeg

先日は弊社にて開催中の絵画展のトークショーにて、グルーヴを感じ感動しました。
ありがとうございました!

そこに京都から、ディベロッパー時代の上司で大学の先輩にもあたる、師範的存在の方と奥様が福井まで駆けつけて来ていただけた事は、とても嬉しく有難い事でした。

本当にありがとうございました!

また何のおもてなしも出来ませんが、我が家にも泊まっていただき、夜中までお話しにお付き合いいただきました。

芦屋のマンションディベロッパー(UL)時代、アルバーノスパッジオ設計事務所時代などなど、色々と教えていただいた事を今の仕事でも大切にしているポイントである事をお伝え出来た事も、僕にとっては有難い事でした。

時代のメガトレンド、90年代の不連続性の時代(一本釣り)で、教えが止まっていましたが、先日のお話で一気に更新もしていただきました!(笑)

おかげさまで、とても刺激的でまた懐かしく、いっぱい詰まった充実した時を過ごす事が出来ました。

本当にありがとうございました。



「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2019-07-01 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE