人気ブログランキング |

タグ:人間関係 ( 178 ) タグの人気記事

 

奥さまは魔女

b0097729_0405679.gif
奥さまは魔女ってご存知ですか?

もう知らない人の方が多いのかな?!

小さい頃チャンネルをガチャガチャ回して(この意味も解らない人が結構いるのかなぁ~)、よく見ていました。
その頃はまだ子供だったし、難しいことは解らなかったので単に楽しく笑いながら見ていました。
でも、全世界的に愛されたこの番組は、実は深いメッセージがあったのをご存知ですか?

ハリー・アッカーマン エグゼクティブ・プロデューサー は「奥さまは魔女」のほか「アイ・ラブ・ルーシー」などの番組を手がけたプロデューサー。
自分は知らないのですが、「アイ・ラブ・ルーシー」ではコメディーながらキューバとアメリカの共存を込めているそうです。
それに対して、「奥さまは魔女」は人間と魔女の共存から、人種差別や冷戦などの真っ只中にあってお互いを理解し合い、共に楽しく幸せに生きていくという願いがこの番組には込められているそうです。

それをきいてまたちょっと見てみたくなりました。

全然関係ないですが、TOSTEMさんのリフォームのキャラクターにサマンサ(魔女の奥さま)が使われています。

DVDの販売もしているらしいです。
劇場版のDVDもでています。
わたしも好きなニコール・キッドマンがサマンサの役をされているとか。。。
ちなみに去年の映画です(笑)

違う人と人が共に解り合えて幸せに生きる方法が、「奥さまは魔女」の中にヒントがありそうです。
それは魔法ではなく、コミュニケーションという方法のメッセージで。。。

  by ecru-societe | 2006-09-24 01:11 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

コミュニケーション

「封建的な考えが横行する世の中」ってきくと多くの人が悪いイメージを持つのではないでしょうか?

個人の自由や権利を許さないといった意味合いがあるからでしょう。
しかし、封建的な社会はいいところもあるように思います。
それは、多くの人々が共通の認識を持つことが出来る。 つまり、ルールがあるということです。


例えば、長男であるだけ様々な権利と責任を有するといった考えがありますが、その『様々』が何も言わなくても多くの人々が共通の認識を持っている状態にあるってことです。
長男は親の面倒を見なくてはならない。
長男は家を継がなくては成らない。
長男は墓を守らなくては成らない。

などなど様々な概念が共通に持たれているのが封建的な社会の特徴ではないでしょうか。



なぜいいかと言うと、もめ事が少なくなります。
そこにはギモンが存在せず、決まりが存在するだけです。
決まりが善悪を示してくれるので、意見の不一致など存在しません。

人がもめない = 戦争の無い世の中
になります。 理想です。



最近の日本は価値観の多様化などと言われ、封建的な考え方が崩壊しつつあります。
年上なだけでは尊敬されず、父親であっても尊敬されない場合は多々(笑)
一昔前の日本人の思考にはありえない風景ではないでしょうか?

現在の日本人は精神的な個人の自由は権利を得たのでしょう。
憲法の『基本的人権の尊重』がその象徴でしょうか?

その為、「長男であるから家を継がなくては成らない」って考え方も否定できる環境になりました。
そもそも『家』って何だ?!って思考すら生まれてきます。
ちなみに民法上は『家』という考え方はあるものの、長男であることで多くの権利や責任を有すると言う考え方はありません。

例えば、相続権も長男・次男の間ではフィフティー・フィフティーです。

社民党の訴える夫婦別姓などは『家』という考え方も否定したものです。

すごく自由で、伸び伸びとした環境を感じるのでは無いでしょうか?



しかし、社会の中で生きていく以上人とかかわって生きていくのは当然ですし、人は一人では生きていけません。

封建的な社会では、一定の暗黙のルールがありましたが、法律はあるものの考え方などはある程度の自由を与えられている現在では意見の違いが確実に生まれてくる環境です。

例えば、『長男は親と一番長い間いたのだから、親の面度は長男が見なければならない』という意見があり、そうかと思うと『次男は私立の小学校・中学校・高校・大学と進学し経済的にはかなり親に負担を掛けた。 その点長男は6・3・3・4年間ずっと公立だったため経済的負担は次男の1/4以下である為、次男80%・長男20%の負担を負う必要がある』と言う意見があったり、『面倒とは何たること!! お世話になった恩返しは誰がするかを議論するものではない。 お世話になったと感じている人が恩返しをしたいと言う気持ちの問題であり、面倒とは何事だ!!』という意見もある。

どれが正しいか?!(笑)



私達は思想・信教などの自由を約束した瞬間から当然に多様化する思考を話し合うことで調整を図ったり、あらたな思考を生み出したりすることも約束したことになるのだが、、、そのことに気付いていない人は少なくないように思うのです。


封建社会を捨て、民主主義に生きる私達は、コミュニケーション無しには生きていけないのです。


「コミュニケーションが苦手」なんて言ってないで、些細なことから隣の人に伝えていってください。
「おなかすいた」でもいいです(笑)
考えが多様化する現在は、伝えないと伝わりません。
あなたの声を聞かせてください(笑)

  by ecru-societe | 2006-09-11 00:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

さよならCOLOR

『自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ』
『だれも一人ぼっちには なりたくないから』
『でも 君はそれでいいの?』
『夢の続きはどうしたの?』

そんなこと言ってくれる友達やそんな人達と、中々会う機会が無いって言うか、時間が無いって言うか、みんな頑張ってるから。。。

でも、そんな言葉に背中を押されたいとき、『さよならCOLOR』を聴く。
ハナレグミは会った事も無い見ず知らずの僕に、真っ直ぐ伝えてくれる。

もしかしたら伝えたいことと伝わったことの意味は違うかもしれない。

でも、そのおかげで今日も困難にも向かっていける。

b0097729_1331413.jpg

  by ecru-societe | 2006-08-29 13:03 | | Trackback | Comments(0)

攻撃

b0097729_239829.jpg
今日もレバノンに攻撃を続けるイスラエル軍。
人が人を殺すことは正しくないとほとんどの国の法律で謳っているのに、戦争は止みません。

日本を標的にミサイルなどの攻撃をしようとしている情報をキャッチした場合、その基地を攻撃できるのか?
法的な解釈が飛び交っています。

自分の子供が命を落とすかもしれない。。。
そう解っていて何もしない親はいません。
しかし、どう行動するか?
それが問われています。


例えば、我が子がクラスの子に殴られているのを見てしまった時、どうします?
『どついて来い! お前のパンチは強いからあいつ1発で泣きおんでぇ~』
といじめられっ子だった亀田興毅選手に対しお父様は仰ったそうです。
その一言が亀田興毅選手を世界チャンピョンまで導いたのかも知れません。

しかし、一般的にはローマ時代の法律『目には目を歯には歯を』は原始的で、文化的ではないとされています。

憎しみは憎しみしか生まず、暴力は憎しみを生むだけで解決には至らない。

この考え方は自分も正しいと思っています。
しかし、我が子がいじめられるのを目の当たりにしてどれだけの親が憎しみを押し殺し、正しい解決を検討できるのか。

それが出来るかどうかが、戦争を無くすことができるかどうかなんです。


憲法の解釈を話し合うより、何が近代的な人として正しいのか?
そのことの方が大事で。。。
正しいことの為に感情を押し殺して正義を貫けるか? それをいつも問われていると感じるのです。
というか、修行が足りないんでしょうね(笑)


攻撃。。。
人の命がかかっていること、誰も気付かず攻撃する。
戦争も、戦争で行う攻撃も人の命をリアルには感じていないのでは?!
色々なことで誰かを攻撃する時、人の命がかかっていることを思い出してみてください。
もちろん、殺す気などないでしょう。 でも、相手を攻撃をする気持ちを持っていることが、人の命を奪う結果につながっていることをご理解ください。

b0097729_004737.jpg

  by ecru-societe | 2006-08-05 05:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「鏡の法則」

http://www.kuchikomimap.com/10039/archives/0004211.html

「鏡の法則」

読んでみてください。

読んでいて何度も何度も泣きました。
久しぶりに泣きました。

涙を流したら、気持ちの毒素を一緒に出してくれたみたいな気がします。
なんだかとっても気持ちが軽いです。

読まれたらきっと幸せになれるような気がします。

ですので、読んでみてください。

  by ecru-societe | 2006-07-07 20:21 | 日記 | Trackback(1) | Comments(2)

罪を憎んで人を憎まず

b0097729_554667.jpg以前は『罪を憎んで人を憎まず』という概念は理解していましたが、実際として自分の中で消化できない言葉でした。

でも、最近は信頼関係が決裂しいる相手にはちょっとまだ修行が足りずムリなんですが、それ以外のケースはなんとなく身体で意味が解るようになってきました。

特に友人との場合は『罪は憎んで人は愛おしい』とまで理解可能です。

ただ、受信側にはあまり差が無いのかも知れませんが。。。(笑)

  by ecru-societe | 2006-06-04 05:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

地区体育祭

b0097729_16364346.jpg
今日は社北小学校で地区の体育祭がありました。
日曜日は仕事が入ることが多いので中々参加出来ないのですが、たまたま今日はOFFで、家内が子ども会の役員をしていることもあり全面協力ということで、様々な競技に出ました。

今、帰ってきたのですが、疲れた。。。

シャワーをすると顔と襟元がイタい!!
やけたな?!

今日はグッスリ眠れそうです。

打上げに誘っていただいているので、今から行って来ます。
地域のつながり。。。福井に来て最も素晴らしいと思えたことのひとつです。
とても大切なことですね(笑)

b0097729_1645331.jpg

  by ecru-societe | 2006-05-21 16:47 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

いじめ

b0097729_0321045.jpg
うちの子がいじめられているわけじゃ無いんです。
ただ、知り合いの子供さんがいじめられてて。。。

そんな時、親としてどうすればいいのでしょう?!

人と違うことは価値です。
オリジナリティーは価値です。
しかし、皆と同じを好むのはどうしてでしょう?
違うと爪弾きにあうのはなぜでしょう?

それは『知らない』ってことが人は『恐怖』だからです。

予想が出来ない状態を排除したい感覚がいじめにつながっている一つの要因じゃないか?
とわたしは考えています。

人と仲良くすることは大切なことです。
でも、自分を殺して生きていくのは正しくないとわたしは考えています。
制服とか征服とかやめません?
人と一緒とかってどうなんでしょう?

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない・・・って尾崎豊さんも言ってます。

いじめを無くすには、固定概念を無くさなければなりません。
でも、概念やルールを覚えていくことが大人に成ることとされているところにどうしてもいじめがなくならない要因がある気もするのです。。。

例えば、多くの人が出来ることがある子は出来ない。
それだけで馬鹿にする。
これはある時期にあることが出来ないといけないという固定概念だと思うのです。

いつ出来てもええんちゃうの?! なんで今日じゃないと点数がもらえないの?
今日という日は人生においてどんな意味のある日なの?
明日出来るのと、今日出来るのとどれほどの差がそこにあるというの?
でも、試験とかはその場で出来ないと意味を持たすことが出来ません。

しかし、人生の中で今日中に答えが出ることがどれほどありますか?
わたしは親になってかれこれ10年近くなりますが、未だにうまく親をこなせているかギモンです。

どう接すれば。。。
ただ、解っていることは憎しみは憎しみしか生まず、憎しみ以外の解決方法を考えないとスパイラルに落ちていくだけなので。。。
ご本人や親御さんの気持ちになるとすごく痛くて。。。

皆さん!
いじめを見かけたら絶対注意しましょう。
皆の力で子供たちを助けてあげてください(いじめっ子もいじめられっ子も含めて)。

b0097729_05090.jpg

  by ecru-societe | 2006-05-19 00:35 | 家族・地域 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE