人気ブログランキング |

タグ:家族 ( 332 ) タグの人気記事

 

息子

b0097729_1434724.jpg


先日、山田洋次監督の「息子」を見た。

優しさや喜びには、どうして切なさがまじってるのだろう。
時の流れは色んなモノを変えて行くけど、変わらない自分であろうとするほど、微笑ましくもある中にも、切なさが漂う。

人は愛おしくもあり、切なくもある。

山田洋次監督らしい空気が映画に漂っていました。

かなり古い映画で、俳優の方々はみんな若く、亡くなられた方々も。
なのに人間や考えるコトや、思いなどは、今も何も変わらず。
きっと誰しもが、同じように必死に過ぎて行き、同じように振り返り、同じように喜び悲しみ、同じように過ごして行くのかもしれないと感じました。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-11-13 01:59 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

重力ピエロ

b0097729_23531096.jpg


今更ながら・・・
重力ピエロを観た。

最近観たDVDの中では、かなり良かった。
いい映画に出逢うのって、結構難しいんですね。

包帯クラブ以来のいい映画でした。
包帯クラブも面白かった。

話はチョット戻して・・・

ほとんどのモノは、つまらないモノやコトなんでしょうね。
独りよがりだったり、内容が薄かったり。
でも、そんな大半のモノの重力に引っ張られて、僕らは生きてる。

「みんな〜」って言葉が僕にはどうでもいい言葉で・・・
でもその「みんな」ってのがいつも大きな重力を持っているのは事実。

重力ピエロは、面白かった。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-11-05 00:05 | 美術 | Trackback | Comments(0)

想いをカタチに。

b0097729_14403016.jpg


昨日は祖母の法事(三回忌)で奈良にある実家に帰っていました。

長男を学校へ送り出してすぐ、準備して奈良に向かい、長男の帰宅に合わせて福井に戻って来るといった、強行スケジュール。
せっかく奈良に夫婦で帰るので、思い出の場所や人たちに会いに行きたいのはやまやま。
ゆっくりしする暇もなく超特急で帰ってきました。

うちの実家は都会的な家で・・・
祖母の時代には法事などの仏事の経験が無く、祖母が亡くなって父を中心に母や父の兄弟たちが再開したような感じで・・・
どのように進めればいいのか?
何を準備しなきゃいけないのか?など
不作法でお寺さんにもご迷惑をおかけする次第。
大変申し訳ないのですが、、、

実は祖母が信心の無い人であったかというと、そうではなく。
いつも財布に祖父の戒名を入れていたとか・・・。

信心とは何なのか?
想うだけでは意味はないのか?
などと考えさせられる一日でもありました。

b0097729_14505142.jpg


映画、サマーウォーズでもあるように、親戚が集まるとお家柄の話などになるみたいで・・・(笑)

叔父による、僕らの家は結構なお家柄のようで・・・
そう言えば江戸城の絵図や彦根藩なんたらと書かれた硯箱、プランテーション農業を行っていた頃の現地のお手伝いさんと撮った写真などなどを見たことがある。

しかし、父からは、あまりそういったお家柄などの話は聞くことが無く・・・
むしろ母が僕に「武士の出なんだから!」と言うと逆に「時代錯誤だ!」と怒っていたぐらいで・・・

祖母が亡くなり、こうやって親戚が集まるようになると、叔父を中心にご先祖様の話になり、昨日もそんな話になりました。

叔父がまとめてきた資料を見ると、確かに「すごいな!」とは思う内容。
まぁ、事実にあっているのかどうなのかは、分からないけど・・・(笑)。

祖父が父や子供たちに、ちゃんとご先祖のことを伝えなかったのは、きっと、過去やご先祖に誇りを持つを持つのではなく、自分自身に誇れる人間になりなさいと考えていた為だと、容易に予測はつくけど、だからと言って過去やご先祖を粗末にしていいという意味ではなく・・・(注:祖父や父や、誰もご先祖を粗末にはしていません)。

(墓が江戸にあるため)財布に祖父の戒名を入れて持ち歩いていた祖母が、お寺さんでの仏事や盆をあまりちゃんとしなかったことで、400年にもなるお付合いがある東京の菩提寺と色々あったり・・・そんなことを経験すると、色々考えさせられるわけで。

b0097729_1583997.jpg


「想い」と「カタチ」
その両方が大切で。

そもそも、ご先祖様を誇るのは、その職業や役職にかかわらず、今の自分たちがあることは当然にご先祖様あってのことで、会ったことのない祖父や昨日の主役の祖母たちがいてくれたこと、そのものが尊いわけで・・・。

その感謝の気持ちが、彼岸の墓参りだったり、昨日のような法事ということなんだと、あらためて思い直す時間でもありました。

檀家制度に対しては、賛否色々あるでしょうけど、想いをカタチにする時や場所は、失ってはいけないと思います。

想いをカタチにしないと・・・

そういう意味(カタチにするという意味)では、叔父がご先祖様の調査報告書をまとめて持ってきてくれたことは、とてもありがたいことで、大切に保管しておきたいと思います(笑)。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-10-30 15:16 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

大切な人を大切に。

b0097729_030610.jpg


自分の大切な人を悪く言われたり、バカにされたりするのは、とても嫌だ。

幼い頃、母によく怒られた。
「あんたは弟と二人なら仲良く遊ぶのに、他の誰かが加わると、あんたが弟をいじめる」
と。

でもそれには理由があった。
僕以外の他の誰にも、弟のことをバカにさせたく無くての矛盾した言動だった。

だって、弟は自分のことだけで精一杯で、相手にバカにされるかどうかなんて考えもしないのだから、、、

僕が友達と家から1キロほど離れたため池に、ザリガニを獲りに行った時のこと。
来なくていいのに弟がついてきた。

ザリガニを獲ることに夢中になって、ふと気がつくと弟が見当たらない!
悪い予感が脳裏をかすめる。。。
いや、つまらなくなって家に帰っただけだ。
そう言い聞かせるように友達を放って家路を急ぐ。
家に着いたが、弟は見当たらない。
帰路にもいなかった。。
母と慌てて池に戻る。
しかし池にもいない。。
さっきまで遊んでいたため池なのに、不気味に静まり返って見えた。

とりあえず家に戻って、誰かが家で待っていないと。。。
そう考え再度家に戻ると玄関先に弟を見つけた。
よかった。。。
そう感じた瞬間、怒りがこみ上げる。
「どこいっててん!なにしてんねん!」

そういうと弟は
「パンツのゴム切れた」
と。

「・・・」

アホは嫌いだ!!





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-08-24 00:53 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

家族旅行 (直島)

b0097729_18541991.jpg


お盆休みは、長男と両親と弟家族と直島に行って来ました。
直島は、機会があれば行ってみたいと思っていたところ。
家プロジェクトは是非見てみたいと思っていました。

b0097729_18572535.jpg


実家を朝の5時過ぎに出発。
岡山県の玉野市にある宇野港から直島に渡るコースで行きました。

朝早くに出発したので、寝ていた為、抱っこして車に乗り込んだ姪っ子のクツを積み込むのを忘れており・・・
急遽、岡山でクツを買うアクシデント。 宇野港に着くなや否や、フェリーが出港してしまい、乗り遅れ。
1時間もフェリー港で足止めを食らうなど、プチ・アクシデントを楽しみながら、無事、お昼に直島に上陸。

b0097729_1995582.jpg


一応(?)香川県なので、(冷凍食品の)讃岐うどんを宮浦港にていただき。
家プロジェクトを行っている本村エリアへ徒歩で向かいました。

b0097729_198835.jpg


お昼に到着してるにもかかわらず、9カ所しかない家プロジェクトのうち、最も観たかった安藤忠雄さんの作品は終了とのこと。
でも、7カ所は観れて、とても楽しかったです(笑)。

中でも、こちらも最も観たかった杉本博司さんの作品に感動!
とても素晴らしかったです。

b0097729_1920863.jpg


炎天下の中、あちこち歩き、もうへとへと。
そこで町営バスにて宮ノ浦エリアに戻ってきて、I♥湯で汗を流しました。

b0097729_1925776.jpg


フェリー乗り場に戻ってきたのは16時30分。
16時40分発のフェリーにて、宇野港へ。

b0097729_19234517.jpg


23時ごろ、無事、奈良の実家に到着。

へとへとにはなったけど、本当に楽しい久しぶりの家族旅行でした!(笑)





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-08-18 19:29 | 美術 | Trackback | Comments(0)

直島にて。

b0097729_1510420.jpg


今日は一日中、直島を堪能しました。
写真のアップがパソコンじゃ無いと出来ないので、16日以降のアップになります。
また直島レポートを見にきてくださいね。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-08-16 00:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

直島

b0097729_1591771.jpg


直島に行く。

朝、5時半に家を出て
今、宇野港。

失敗!
タッチの差で乗り遅れ
1時間半、待ちぼうけ。

まもなく船が出る。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-08-15 10:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

山を登る、その道で。

先日、2年ぶりに叔母と会った。
祖母の葬式以来だった。

叔母は東京で店舗設計をメインとした設計事務所をしていた。
今は60で再婚をし、三重県に住んでいる。

もっぱら山を登り、自分たちを探しているみたいだ。

生死をかけた山登りは、シンプルに生きる意味を教えてくれるみたいだ。
その日は世がふけるまで、その事を話してくれた。

今の叔母は、東京で事務所をしていた頃の叔母とは全く違って、とても穏やかで優しい顔をしていた。
叔母とは思えない、まるで従姉妹ようで、言動が可愛いとすら思えた。

生きるって、そういうことなのかな?
ふっと、思った。

きっとすべては必要で、、、
すべての経験は自分にとって必要な事なんだろう。

きっとあの時のあんな僕も、今のこんな僕も、全て自分自身で、どれも僕の中にある要素なんだろう。

それら全てを自分らしさと認識し受け入れられ、いつも自分らしくいられるようになれば、きっと楽だし、そんな風に生きなきゃいけないんだろうなぁ〜って思ってた。
早くそうなりたいけど、まだまだ先はあるし、焦らず自分の知らない自分とも出逢えると、それはそれで楽しいのかもね。

僕も歩んで行こう。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-04-22 22:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

さっき見た夢。

b0097729_552336.jpg


変な夢を見て、目が覚めた。

その夢とは…その目的も意味もよくは解らないが、障害物や刺客をクリアーしていくもので、かなり命がけ。
そこにまだ幼い頃の長男と二人で参加している夢。

夢の中では、長男の事を気にしながらも自分のことで手一杯…。
しかし、大人も脱落していくようなアトラクションを幼い長男がクリアーをしていく。
ちょっと怖がってたり必死の表情に抱きしめたいし、手を貸してやりたいと思うけど、力が至らなくて切ない。。。
そんな思いを後目(しりめ)に、長男はどんどん進んでいく。

そして刺客が長男を追う。
必死に逃げる長男。
僕はたまらず、その刺客の腰を思いっきり蹴飛ばしたところで目が覚めた…。

よく解らない夢だったが、今も昔もかわりなく力が至らない親に慕い、(頼れないので)自分の力で進んでいく現実の長男にかぶって、切ない気持ちになった。

今は夢の中からは想像もつかないほど成長して、頼り介すら感じらる。
成長してくれた現実の長男に、安心して、もう一度眠ろう。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-02-08 05:27 | 家族・地域 | Trackback | Comments(0)

穏景の家にご訪問させていただきました。

b0097729_13435584.jpg


今日は素敵な一日でした。

今日は穏景の家へ、現在打合せしているお客様と一緒に伺いました。
穏景の家はちょうど築3年になるお住まいです。

オーナー様(ご主人)にお住まいをご案内いただいたのですが、新築のお住まいのように綺麗に住んでいただいてて、本当に嬉しく思いました。

打合せ当時のお話もたくさんお話しいただき、観に来られたお客様にはオーナー様の想いが十分ご理解いただけたのじゃないかと思います。

お客様が穏景の家のオーナー様に、ご質問をされました。
丁寧にお応えいただいてたそのお話の中で、不覚にも涙が出そうになりました。
それはオーナー様がエクリュのお話をされていた時のことです。
とても信頼していただいて、またご理解いただいてたことをあらためてオーナー様の言葉でお聞きすると・・・
とても嬉しくて。。。
あまりに嬉しくて・・・涙が出そうになりました。。。
本当にありがとうございます。。。
本当に嬉しかったです!

 *     *     *     *     *     *     *     *     *

家に帰ってくると、長女が嬉しそうに手紙を僕に持ってきました。

「ぱぱ!ジジから手紙もらったよ!」
『読んでいいの?』
「うん!」

先日、ジジに手紙をもらってからと言うもの、(いつも散らかっていた)長女の部屋はとても綺麗に掃除され、片付いていました。
そこで、長女にどうしたのか?聞いてみると、ジジから手紙に、お部屋を綺麗にしていたら、心まで綺麗になるって書いてあったそうです。
だから、ジジの言葉を守っているとのことでした。

『わーちゃん。そのことジジに伝えたらどう? お手紙書いたら?』
「うん!そうする!!」

長女が書いた手紙の返事が、今日、家に届いてました。

ジジの手紙を読むと長女への気持ちにあふれていて、また、熱くこみ上げるものがありました。



今日は素敵な気持ちに何度も触れることができました。
鬼が外に行き、福が内へ入ってきた気がしました。





「イイネ!」 ← よかったらクリックして下さい!

  by ecru-societe | 2013-02-03 20:44 | Écru Société | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE